最新情報店舗情報陶芸家陶芸教室生徒紹介gallery作品販売linkお問い合わせ

陶芸家

「料理の鉄人」 道場六三郎氏と


岸川 雷蔵
(キシカワ ライゾウ)
[ 屋号: 雅雷 ( ガライ ) ]

電動ろくろ教室 月、木、日 担当


長崎県生まれ

代々続く有田焼の窯元、
窯元勘衛門の二男として、1974年に生を受ける。
幼少の頃から、父、雅照 ( ガショウ )の訓導を得、
修行暦25年以上、現在に至る。賞も多数受賞。

将来は海外にも自作品を提示し、
日本の伝統である陶芸を広めたいという志を持つ。

[ 炎となれ 心が燃えないで
  偉大なことは成就しない
]

この言葉を胸に、日々力強い作品作りに精進中。

岸川雷蔵ブログ

岸川雷蔵教室生徒 sumireさんのブログ



 





















岸川 幸成
(キシカワ ユキナリ)
[ 屋号: 幸雅 ( コウガ ) ]

gashow saraku 代表

社団法人 是真会
長崎リハビリテーション病院 契約講師

医療法人 長寿会 清原龍内科
松山町リハビリセンター契約講師



火、水、金、土 担当


長崎県生まれ

1976年 岸川家の三男として、代々続く
       有田焼の窯元に生まれる

1999年 恩師のお陰でgashow sarakuを開業し
       kouga陶芸スクールを始める

2001年 kouga陶房を築き、今日の
       作品発表に至る

       有田焼の概念に捉われない自由な
       発想と独創的なアイデアで、
       自分にしか出来ない新しい
       陶芸のスタイルを探求し日々邁進中


「陶芸により、身体的機能の向上(解剖学)、
心理的(psychological)精神的、感情的(men
tal)影響、安定(心理学)、生活の質を向上を
目的とし、リハビリ作業療法の概念を応用、
人の役に立つ陶芸、陶芸の価値、重要性、
可能性を研究中」


三月のテーマ:
 [ がんばる人の人生には遅すぎたという
 言葉は存在しない ]

 

過去のテーマ